西山刈羽福祉会
理事長ごあいさつ
理事長 池田 順一

理事長 中山 里志


 こんにちは。社会福祉法人西山刈羽福祉会のホームページにようこそ。
 日頃より当福祉会の運営につきましては多大なるご理解とご支援を賜り、心より感謝申し上げます。
 令和元年6月27日に当福祉会の理事会におきまして、理事長に就任いたしました。もとより微力ではありますが、当地域の福祉の充実と発展のために、その重責を果たすべく努めてまいります。
 さて、改正社会福祉法の主旨の一つにあります社会福祉法人の在り方として「経営組織のガバナンスの強化」、「事業運営の透明性の向上」、「財務規律の強化」、「地域における広域的な取り組み」について尚一層の取り組み推進が求められております。
 また、社会福祉、就中高齢者福祉の在り方は老人福祉法を拠としており、その基本的理念は、長年にわたって社会の進展に寄与し、豊富な知識と経験を有している高齢者が敬愛され、生きがいをもって健康で安心して生活を送ることができるよう、社会全体で支えていくこととされております。
 このように社会福祉法人として更なる一層の取り組みの推進や高齢者福祉にかかる基本的理念の下、当福祉会が運営する各施設における各種事業の展開が地域の高齢者福祉の拠点として、地域住民から負託された福祉事業における質の高いサービスの提供と、多種多様化する社会的ニーズに適正かつ迅速に応え、地域社会発展のため役職員一丸となってその一翼を担ってまいります。
 引き続きご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

 

社会福祉法人西山刈羽福祉会
理事長 中山 里志