にしかりの里居宅介護支援事業所
居宅介護支援事業所とは

居宅介護支援事業所は居宅において利用できるサービス(介護保険サービスだけでなく、介護保険対象外のサービスも含む)などの紹介やサービスの調整、居宅支援サービス費にかかる費用の計算や請求などを要介護者に代わり行う事業所です。居宅介護支援事業所には法人格が必要で、申請により都道府県が指定する事になります。

居宅介護支援事業所には介護支援専門員(ケアマネージャー)が常勤で居る事が義務づけられ(他の業務との兼任可)、要介護者の依頼を受けて、心身の状況、環境、要介護者の家族の希望を考慮して介護支援計画(ケアプラン)を作成したり、その他の介護に関する専門的な相談に応じることとなっています。

介護保険制度は、高齢者が出来るだけ、在宅で自立して暮らせるようにサポートするための制度です。ケアマネージャーは、常に利用者の視点に立って居宅介護の支援を行っていきます。

ケアマネージャー(介護支援専門員)とは

介護支援専門員(ケアマネージャー)は介護保険制度において、居宅介護支援事業者(ケアプラン作成機関)、及び介護保険施設(介護老人保健施設・介護老人福祉施設等)において、要介護者を養護し、要介護者自らの意思に基づき、自立した質の高い生活を送ることが出来るように支援する立場にあります。ケアマネージャーは要介護者が最も効果的に保健・医療・福祉の各種専門職及び実務経験等の要件を満たしたものが合格する試験に合格する有資格者です。